記事一覧

3月公演に向けて

ファイル 63-1.jpgファイル 63-2.jpg

中学生の試験が終わり、今日からジュニアメンバーが揃いました。
今日の稽古は、ジュニア達のオーディションから。
全員での詩の群読。喜劇の本読み。声の大きいのは誰なのか?個性を出そうとしているのは誰なのか?大人達で見合いました。
みんな真剣なところが、とっても新鮮でいいのです。
若い芽を大事にしていかなければ!
さて、その後は「あっとほ~む完結編」の第2稿をみんなで読み合わせ。
ここで事件発生!
な・何と、お母ちゃん役の山口ユッコが、ラストの方を読んでいて泣き出してしまった。
「悲しいセリフよりも、こういうセリフに弱いんです・・・」
ってね。さて?どんなセリフだったのでしょうか?
挿入曲も固まってきました。
オペラ座の怪人・コブクロの流星・あしたのジョー・必殺仕掛け人・徹子の部屋・トリック・踊る大捜査線などなどなど。
そして、今回は何とダンスシーンが6回もあるのです。今までは2回が最高でした。それが6回だもの。しかも、すべてが激しいときた。役者も振り付け師もさぁ大変!
ラストもDAN初の試みがガンガンある。
これは、お客様見なきゃだめっしょ!
皆さん、う~んと楽しみにしていて下さい。
って、表に書き込む内容でした!
「これがDANだ!」という芝居をご披露いたします。

                                      松井

・・・追記・・・
鈴木拓磨です。
ごめんなさい。またデジカメを忘れました(汗)
「ケータイで撮ろう!」と思ったものの、肝心のオーディションの写真を撮るのを忘れていました。
とりあえず台本読みの写真をいくつか載せておきます。